skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【6/17~6/20】

製薬業界ニュース 一週間まとめ読み【6/17~6/20】

2019年6月17日(月)

鳥居薬品、早期退職に281人応募…総人員3割削減へ

鳥居薬品は6月17日、今年4~5月に募集した早期退職(特別転身支援制度)に281人が応募したと発表した。2018年12月末の従業員数(1049人)の約27%にあたる。早期退職にあわせ、定年退職後再雇用社員や契約社員の契約を調整し、総人員数(再雇用社員や契約社員を含む)を約1200人から約800人へと33%削減。MRも約200人減らし、300人体制とする。

早期退職は、▽コーポレート部門・営業部門は今年4月1日時点で勤続2年以上の社員▽技術部門は同日時点で勤続2年以上かつ来年3月末時点で50歳以上の社員(製造・物流部門は除く)――が対象。退職日は9月30日で、割増退職金など関連費用約41億円を特別損失として19年4~6月期決算に計上する。

アステラス、前立腺がん治療薬「ゴナックス」12週間隔投与向けの新規格を発売

アステラス製薬は6月17日、前立腺がん治療薬「ゴナックス」(一般名・デガレリクス)の新規格となる240mg製剤を発売したと発表した。維持用量はこれまで4週間間隔の投与だったが、今年1月に12週間間隔の投与が承認。240mg製剤はこの用法・用量で使用する。

GSK 「アラミスト点鼻液」の容量2倍の新規格を発売

グラクソ・スミスクライン(GSK)は6月17日、アレルギー性鼻炎治療薬「アラミスト点鼻液」(フルチカゾン)の新規格として120噴霧用の製剤を発売したと発表した。従来の製剤は56噴霧用だったが、容量が約2倍になったことで、1ボトルあたり成人では約1カ月、小児では約2カ月間の投与が可能になる。

アステム データホライゾンと合弁会社、予防事業を展開

医薬品卸のアステム(大分市)と保険者向けデータヘルス事業を手がけるデータホライゾン(広島市)は6月17日、共同出資の新会社「ブリッジ」(東京都文京区)を7月1日付で設立すると発表した。疾病予防・介護予防・重症化予防事業や疾患啓発事業を展開する。新会社の資本金は4000万円で、出資比率はデータホライゾンが51%、アステムが49%。当面は九州・中国地域を中心に活動し、将来的には全国展開を目指す。

 

2019年6月18日(火)

抗がん剤「ロズリートレク」「ヴァンフリタ」など承認

製薬各社は6月18日、新薬の承認取得を発表した。NTRK融合遺伝子陽性固形がんに対するROS1/TRK阻害薬「ロズリートレク」(一般名・エヌトレクチニブ、中外製薬)や、急性骨髄性白血病に対するFLT3阻害薬「ヴァンフリタ」(キザルチニブ、第一三共)、2型糖尿病治療薬「ゾルトファイ」(インスリン デグルデク/リラグルチド、ノボノルディスクファーマ)など。8月に薬価収載される見通し。詳しくはトピックスで。

米ファイザー 米アレイを1.2兆円で買収へ…がん領域を強化

米ファイザーは6月17日、米バイオ医薬品企業のアレイバイオファーマの買収で合意したと発表した。アレイの発行済み全株式を1株あたり48ドルで買収する。買収額は総額約114億ドル(約1兆2400億円)。ファイザーは買収により、アレイが大腸がんを対象に開発中のBRAF阻害薬「ビラフトビ」とMEK阻害薬「メクトビ」を獲得し、がん領域を強化。日本では小野薬品工業が両剤を開発しており、今年2月に悪性黒色腫の適応で発売した。

ファイザー、国内初「アバスチン」のバイオシミラーの承認取得

ファイザーは6月18日、抗がん剤「アバスチン」(ベバシズマブ)のバイオシミラーの承認を取得したと発表した。アバスチンのバイオシミラーは国内初。先行品は▽結腸・直腸がん▽非小細胞肺がん▽卵巣がん▽子宮頸がん▽乳がん▽悪性神経膠腫――の適応を持つが、バイオシミラーは結腸・直腸がんのみで承認された。

独立系VCキャリタスパシフィックが事業開始―日本発のグローバルベンチャー創出を支援

独立系ベンチャーキャピタルのキャリタスパシフィックは6月17日、ライフサイエンス分野に特化した投資ファンドとして、日本を拠点に事業を開始したと発表した。日本発の技術とアセットを活用したグローバル・バイオベンチャーの創出と成長を支援する。出資者には、中外製薬、エーザイ、武田薬品工業などが名を連ね、東京、神奈川(湘南ヘルスイノベーションパーク)、シアトルにオフィスを構える。

DeNAのAI創薬プロジェクトに日本ケミファが参画へ

ディー・エヌ・エーは6月18日、子会社DeNAライフサイエンスなどと進めるAI創薬プロジェクトに日本ケミファが参画すると発表した。同プロジェクトは、DeNAグループのAI技術を使い、製薬企業の化合物データを活用したAI創薬の実現可能性を検証する共同研究。2018年1月から旭化成ファーマと塩野義製薬、同年12月からラクオリア製薬がデータ提供元として参加している。

大日本住友、抗精神病薬「ロナセンテープ」が承認

大日本住友製薬は6月18日、抗精神病薬「ロナセンテープ」(プロナンセリン)について、製造販売承認を取得したと発表した。抗精神病薬のテープ製剤としては世界初。テープ剤の設計技術を持つ日東電工と共同開発した。血中濃度の安定維持や服薬アドヒアランスの向上が期待される。

日本イーライリリー 「サイラムザ」切除不能な肝細胞がんへの適応拡大が承認

日本イーライリリーは6月18日、抗がん剤「サイラムザ」(ラムシルマブ)について、「がん化学療法後の高AFP(400ng/mL以上)の切除不能な肝細胞がん」への適応拡大の承認を取得したと発表した。同薬は血管新生阻害薬で、日本では2015年に胃がんの適応で発売。結腸・直腸がん、非小細胞肺がんでも承認を取得している。

 

2019年6月19日(水)

アルナイラム「オンパットロ」が承認…siRNAは国内初

アルナイラム・ジャパンは6月19日、トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー治療薬「オンパットロ」(一般名・パチシラン)の承認を18日付で取得したと発表した。同薬は国内初のsiRNA医薬で、アルナイラムにとって日本で販売する初めての製品となる。

スズケン、オンパットロの流通を受託

スズケンは6月19日、子会社エス・ディ・コラボがアルナイラム・ジャパンからsiRNA医薬品「オンパットロ」の流通を受託すると発表した。受託するのは、日本国内でのメーカー物流と卸流通、使用成績調査の支援。受託業務の開始は8月下旬を見込む。

アストラゼネカ、COPD治療薬「ビレーズトリ」「ビベスピ」が承認

アストラゼネカは6月19日、いずれも慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の「ビベスピ エアロスフィア」「ビレーズトリ エアロスフィア」が18日付で承認されたと発表した。

ビベスピは、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)グリコピロニウムと長時間作用性β2刺激薬(LABA)ホルモテロールの配合剤。ビレーズトリは、ビベスピに吸入ステロイド(ICS)のブデソニドを加えた3剤配合剤。ビレーズトリの承認は世界初で、COPDに対する3剤配合剤としては5月に発売された「テリルジー」(グラクソ・スミスクライン)に続く2製品目となる。

アレクシオン、発作性夜間ヘモグロビン尿症薬「ユルトミリス」の承認取得

アレクシオンファーマは6月19日、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)治療薬「ユルトミリス」(ラブリズマブ)の承認を18日付で取得したと発表した。同薬は抗補体(C5)抗体。PNHは血栓症を引き起こす血液疾患で、指定難病に指定されている。

「リムパーザ」BRCA陽性卵巣がんの初回治療後の維持療法に適応拡大

アストラゼネカとMSDは6月19日、PARP阻害薬「リムパーザ」(オラパリブ)について、「BRCA遺伝子変異陽性の卵巣がんにおける初回化学療法後の維持療法」への適応拡大が18日付で承認されたと発表した。同薬は18年1月に「白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣がんにおける維持療法」の適応で承認され、同年7月には「がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳がん」への適応拡大の承認を取得している。

「レパーサ」単剤での使用が承認…スタチンなしでも投与可能に

アステラス・アムジェン・バイオファーマとアステラス製薬は6月18日、高コレステロール血症治療薬の抗PCSK-9抗体「レパーサ」(エボロクマブ)について、スタチンによる治療が適さない患者への単剤での使用が承認されたと発表した。これまでは添付文書の「用法・用量に関連する使用上の注意」欄に「スタチンと併用すること」と記載されていた。

ADHD薬「インチュニブ」成人患者への適応拡大が承認

塩野義製薬と武田薬品工業は6月18日、ADHD(注意欠陥/多動性障害)治療薬「インチュニブ」(グアンファシン)について、成人(18歳以上)への適応拡大が承認されたと発表した。日本では小児(6~17歳)を対象に2017年5月に発売された。

塩野義 ナルデメジンの販売でスペインの製薬会社と提携

塩野義製薬は6月19日、オピオイド誘発性便秘治療薬「Rizmoic」(一般名・ナルデメジン、日本製品名・スインプロイク)について、スペインのFerrer社と同国での販売について契約を結んだと発表した。欧州では今年2月に承認されており、スペインでは2020年の発売を予定している。

富士フイルム 再生医療ベンチャーPuRECに出資、業務提携も

富士フイルムは6月19日、島根大発の再生医療ベンチャーPuREC(島根県出雲市)が行う第三者割当増資を引き受け、3億円を出資すると発表した。

同社は骨髄由来の間葉系幹細胞を使い、低フォスターゼを原因とする先天性骨形成不全症に対する再生医療製品を開発している。両社は出資にあわせて業務提携も結びんでおり、富士フイルムはPuRECが開発する再生医療製品について、導入の優先交渉権を獲得。プロセス開発や薬事コンサルティングなどの業務も受託する。

東和薬品、ソフトカプセル工場が竣工

東和薬品は6月18日、グループ会社のグリーンカプス製薬が静岡県富士宮市に建設していたソフトカプセル製剤の生産工場が竣工したと発表した。投資総額は約46億円で、年間26億カプセルの生産能力を備える。

 

2019年6月20日(木)

エーザイ「チーフデータオフィサー」「チーフデジタルオフィサー」を設置

エーザイは6月20日、データ戦略やデジタル戦略を担う「チーフデータオフィサー」「チーフデジタルオフィサー」を同日付で設置したと発表した。チーフデータオフィサーには塚原克平・筑波研究所長(執行役)が、チーフデジタルオフィサーには内藤景介・ディメンシアトータルインクルーシブエコシステム担当(同)が就任した。

富士製薬、ファイザーから抗てんかん薬「ガバペン」を10月に承継

富士製薬工業は6月20日、ファイザーの抗てんかん薬「ガバペン」(一般名・ガバペンチン)について、10月1日付で製造販売承認を承継し、販売を移管すると発表した。富士製薬は昨年策定した長期ビジョンで、小児を中心とした希少疾患領域に事業を広げていくとしており、今回の承継はその一環。

アイロムG 網膜色素変性向け遺伝子治療、医師主導治験で1例目投与

アイロムグループは6月20日、子会社のIDファーマが開発中の遺伝子治療薬「DVC1-0401」について、網膜色素変性を対象に九州大病院で行っている医師主導治験で1例目の投与が行われたと発表した。

同薬は、ヒトに病原性のないサルのレンチウイルスを使って開発したサル免疫不全ウイルスベクターに、神経細胞を保護する治療用遺伝子を搭載。ウイルスベクターはIDファーマと九大が共同開発した。網膜色素変性は、網膜の光を感じる細胞が失われていく遺伝性疾患で、指定難病に指定されている。


Back To Top
×Close search
Search