skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

全身性エリテマトーデス|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

全身性エリテマトーデス|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における全身性エリテマトーデス(SLE)の治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートでは、新規SLE治療薬を開発中の企業の他、既存の治療薬の製造者も取り上げ、現在のSLE治療薬の使用について深く考察し、市場動向を多角的に検討します。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

全身性エリテマトーデス(SLE)は、慢性の複雑な自己免疫疾患で、複数の臓器に障害を起こします。ヒドロキシクロロキン、コルチコステロイド、免疫抑制剤などが主に使用されていますが、これらの治療に反応しない、または重篤な有害事象を経験するSLE患者も少なくありません。こうした患者には生物学的製剤ベンリスタ(GSK)やリツキサン(ロシュ/バイオジェン:適応外処方)などの薬剤が用いられています。

本レポートでは、新規SLE治療薬を開発中の企業の他、既存の治療薬の製造者も取り上げ、現在のSLE治療薬の使用について深く考察し、市場動向を多角的に検討します。

キーポイント

  • 新規に診断された全身性エリテマトーデス(SLE)患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
  • ベンリスタはどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか?どのタイプの医療施設で使用されているか?
  • 診断から治療開始までの期間、及び1年以内に治療を開始する患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 単剤療法、併用療法を受けている患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」とは

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。リアルワールドデータ(RWD)を活用して現在の治療実態市場を解析、新規および最新治療、コンプライアンスに関する最も現実的で詳細なデータです。膨大なクレームデータを、わかりやすいスライドで提供します。「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」モジュールの紹介、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search