skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

肥満/過体重 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

肥満/過体重  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

持続的な体重減少をもたらし、安全で忍容性が高く、手ごろな価格の抗肥満薬には巨大な市場機会が開かれています。ただし肥満人口が多いことから、たとえそのような薬剤が開発、承認されても、限りある医療費予算の管理上、保険者からの使用制限が予想されます。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

肥満は、主要7カ国において公衆衛生上の深刻な懸念で、該当者は増加を続けています。肥満が社会に与える身体的、経済的な影響を示す根拠は着実に増えています。 肥満人口が多いにもかかわらず、特に欧州及び日本では治療薬がほとんどありません。さらに、使用可能な治療には安価では望ましいリスクベネフィットプロファイルがなく、肥満で開発段階の新規薬剤も限られています。

このため、持続的な体重減少をもたらし、安全で忍容性が高く、手ごろな価格の抗肥満薬には巨大な市場機会が開かれています。ただし肥満人口が多いことから、たとえそのような薬剤が開発、承認されても、限りある医療費予算の管理上、保険者からの使用制限が予想されます。

調査におけるキーポイント

  • どの代謝系、中枢経路が薬剤の標的となる可能性が高いか?
  • 調査を実施した主要国市場における肥満人口は?
  • 肥満治療の現状は?専門医は肥満/過体重患者の治療薬としてノボ ノルディスクのSaxendaをどのようにとらえているか?
  • 肥満治療専門医は現在のアンメットニーズのレベルをどうとらえているか? 2018-2028年の予測期間中にどのような対応が予想されるか?
  • 現在開発段階の薬剤の商業的可能性は? 肥満治療・管理の専門医はこれらの新薬候補をどのように評価しているか?
  • 今後10年間で当市場にはどのような変化が予想されるか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search