skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

CAR‐T細胞療法 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

CAR‐T細胞療法  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは、既存及び開発段階のキメラ抗原受容体(CAR)‐T細胞療法をあらゆるがん種において考察し、包括的な市場予測を行います。既存及び新たなCAR‐T細胞療法を巡る状況に関するオピニオンリーダー(KOL)の見解や洞察も収載しています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

ノバルティスのキムリアが小児または青年の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)、Kite Pharma(ギリアドが買収)のYescartaが再発・難治性大細胞型B細胞リンパ腫の治療薬として迅速承認を受け、がん免疫療法は新たな時代を迎えました。

本レポートでは、既存及び開発段階のキメラ抗原受容体(CAR)‐T細胞療法をあらゆるがん種において考察し、包括的な市場予測を行います。既存及び新たなCAR‐T細胞療法を巡る状況に関するオピニオンリーダー(KOL)の見解や洞察も収載しています。

調査におけるキーポイント

  • ブランド別、適応症別、地域別にみたCAR‐T細胞療法の商業的可能性は?2017‐2027年の予測期間中、CAR‐T細胞療法市場ではどのような変化が予想されるか?
  • 承認済みのCAR‐T細胞療法は、現在どの治験で評価されているか?キムリアとYescartaはどの疾患と治療状況で適応追加を達成すると思われるか?
  • 現在開発段階にあるCAR‐T細胞療法のうち、承認が予想されるのはどの薬剤か?その商業的可能性は?
  • 各ブランドの「強み」と「弱み」とは?各療法に対するKOLの見解は?
  • CD19を標的とする自家CAR‐T細胞療法の採用を制限しうる課題とは?オンコロジー領域で、CAR‐T細胞療法に対し、どのような競合上の脅威や圧力が予想されるか?
  • 腫瘍科医はCAR‐T細胞療法を巡る今後の状況についてどう考えているか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search