skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

変形性関節炎 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

変形性関節炎 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGでは、変形性関節炎(OA)市場には、特にこの種の疼痛の本質に強く関連した新規の独特の作用機序を持つ薬剤の開発業者に対して魅力的な機会が開かれていると予測しています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら


概要

変形性関節炎(OA)は慢性疼痛市場で2番目に大きなセグメントで、主要7カ国市場で9000万人以上が疼痛に苦しんでいます。より有効性が高く、安全な治療薬が求められていることから、当市場には、特にこの種の疼痛の本質に強く関連した新規の独特の作用機序を持つ薬剤の開発業者に対して魅力的な機会が開かれています。

変形性関節炎の治療には主に安価なジェネリック非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)及びオピオイド鎮痛薬が用いられていますが、後の治療ラインではオピオイド鎮痛薬の乱用防止製剤など高額なブランド薬、副作用の軽減を目指した既存NSAIDsの新たな併用療法や関節内注射も多く処方されています。ファイザー/イーライリリー、Regeneron/テバ/田辺三菱の生物学的製剤など神経成長因子(NGF)を標的とした開発段階の薬剤や、ライフスタイルの影響で変形性関節炎と診断される患者数が増加していることが2028年までの市場成長の主な推進要因となりそうです。

調査におけるキーポイント

  • オピオイド鎮痛薬の乱用・誤用リスクが注目されていることを踏まえ、オピニオンリーダーは、今後変形性関節炎市場にどのような変化を予想しているか?
  • Flexion TherapeuticsのZilretta、IrokoのVivlodex等新たな鎮痛薬の上市を受けて、治療アプローチにどのような変化が予想されるか?
  • 新規薬剤クラス、抗NGF抗体は優れた有効性を示すも、治験での安全性の問題が解消していない。これが市場や他の治療薬にどのような影響を与えることが予想されるか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search