skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

特発性肺線維症(IPF) | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

特発性肺線維症(IPF) | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは、進展しつつある特発性肺線維症市場を考察し、ピルフェニドン、ニンテダニブ、開発段階のFibroGenの静注投与型pamrevlumabの臨床的・商業的可能性を分析します。現在の特発性肺線維症治療状況を精査し、対応が急務となっている領域を特定します。さらにGalapagosの経口オートタキシン阻害薬GLPG-1690が特発性肺線維症の単独療法またはアドオン療法として承認された場合の、異なる市場シナリオを評価します。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら


概要

特発性肺線維症(IPF)は希少疾患ではあるものの、間質性肺疾患(ILD)の中では患者数の多い疾患です。肺機能の不可逆的な悪化により死に至る重篤な疾患で、患者の多くは診断後3~5年以内に死亡します。特発性肺線維症の病因は明らかではありませんが、肺胞上皮細胞の損傷とその修復・治癒過程の異常によるものだとのエビデンスが数多く示されています。

ロシュのピルフェニドン(Esbriet/ピレスパ)が特発性肺線維症初の疾患修飾薬(DMT)として承認され、次いで間もなくベーリンガーインゲルハイムのニンテダニブ(オフェブ)が承認されたことで、激しい競争となっています。

進展しつつある当市場を考察し、ピルフェニドン、ニンテダニブ、開発段階のFibroGenの静注投与型pamrevlumabの臨床的・商業的可能性を分析します。現在の特発性肺線維症治療状況を精査し、対応が急務となっている領域を特定します。さらにGalapagosの経口オートタキシン阻害薬GLPG-1690が特発性肺線維症の単独療法またはアドオン療法として承認された場合の、異なる市場シナリオを評価します。

調査におけるキーポイント

  • 2028年までに特発性肺線維症患者数はどう変化するか? 主なサブグループの規模は?薬物療法を受ける患者の割合は?
  • 調査に回答した専門医は、ピレスパとオフェブの臨床プロファイルをどう評価したか?これらの薬剤の処方を促進するまたは抑制する要因とは?特発性肺線維症治療において最も対応が急がれる課題とは?
  • 特発性肺線維症専門医が最も有望と考えるのはどの薬剤か?承認された場合、これらの新たな薬剤は特発性肺線維症の治療・管理、ピレスパとオフェブの市場地位にどのような影響を与えるか? 新たな単剤療法またはアドオン療法の商業的可能性は?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search