skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

糖尿病性腎症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

糖尿病性腎症  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGでは、糖尿病性腎症罹患数が増えるなか、高額な新たな薬剤の処方を希望する医師と、すでに高額医療費を要する患者に対する追加医療費の管理を希望する保険者のせめぎ合いが今後10年間の市場を形成すると予想しています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

糖尿病性腎症は糖尿病性腎臓病とも呼ばれ、糖尿病に多くみられる合併症です。現在の標準治療は糖尿病性腎症から腎臓病、最終的には腎不全への進行を止めることができません。

腎不全は重篤な生命にかかわる疾患で、患者本人、保険者、医療制度にとって多大な負担となります。そのため、キーオピニオンリーダーは、有効な治療法の開発が深刻なニーズだと回答し、エンドセリン受容体拮抗薬、ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬、SGLT-2阻害薬がもたらしうる腎保護効果に期待しています。

こうした療法は、その有効性と安全性が証明されれば、疾患の進行を抑制できる初の薬剤となる可能性を持っています。糖尿病性腎症罹患数が増えるなか、高額な新たな薬剤の処方を希望する医師と、すでに高額医療費を要する患者に対する追加医療費の管理を希望する保険者のせめぎ合いが今後10年間の市場を形成していきそうです。

調査におけるキーポイント

  • 治験に心血管系の評価項目を含めていた薬剤は、承認後に他製品よりも優位に立つことができるか?
  • KOLは早期、後期臨床開発段階の薬剤の異なる作用機序についてどのような見解を有しているか?
  • 糖尿病性腎症において未だ満たされていない最大の臨床ニーズとは? 開発段階の薬剤のうち、こうしたニーズに対応できるのはどの製剤か?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search