skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

MDS(骨髄異形成症候群) | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

MDS(骨髄異形成症候群)  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGは、骨髄異形成症候群パイプラインには有望な薬剤が数剤存在し、上市が期待され、低リスク、高リスク患者グループでの使用が高まることを予想しています。高リスク患者に対する新規薬剤の開発は特に困難で、調査に回答した専門医は、急性骨髄性白血病で承認された、または上市されている数製品、とりわけ特定の遺伝子異常を有する患者タイプを対象とした薬剤の臨床的可能性に強い期待を寄せています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

骨髄異形成症候群(MDS)は造血幹細胞におけるさまざまな異常の総称で、血球減少症につながり、急性骨髄性白血病 (AML)への進行のリスクがあります。低リスク患者に対しては赤血球造血刺激因子製剤など、高リスク患者に対してはメチル化阻害薬など、貧血管理のための確立した選択肢はあるものの、第一選択の標準治療で治療が困難な患者に対する選択肢という点では深刻なギャップが存在しています。

骨髄異形成症候群パイプラインには有望な薬剤が数剤存在し、上市が期待され、低リスク、高リスク患者グループでの使用が高まることが予想されています。高リスク患者に対する新規薬剤の開発は特に困難で、調査に回答した専門医は、急性骨髄性白血病で承認された、または上市されている数製品、とりわけ特定の遺伝子異常を有する患者タイプを対象とした薬剤の臨床的可能性に強い期待を寄せています。

調査におけるキーポイント

  • セルジーン/Acceleronのluspatercept (ACE-536)は骨髄異形成症候群患者の治療でどのような役割を果たせるか?
  • セルジーンの経口薬azacitidine (CC-486)の商業的可能性は?
  • 現在開発段階の薬剤のうち、2028年の骨髄異形成症候群市場に影響を及ぼす可能性が最も高いのはどの薬剤か(アッヴィ/GenentechのVenclexta、セルジーン/Agios PharmaceuticalsのIdhifa、Jazz PharmaceuticalsのVyxeosなど)?早期段階の薬剤のうち、特に専門医が興味を持っているのはどの薬剤か?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search