skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

じんましん|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

じんましん|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国におけるじんましんの治療の実態をリアルワールドデータを活用して分析しました。生物学的製剤、ノバルティス/ロシュのゾレアが慢性じんましんを適応症として承認されているのみで、慢性刺激誘発型じんましんに対する効果的な薬剤には機会が開かれています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら


概要

慢性刺激誘発型じんましん(CIndU)には、特定の刺激・負荷により皮疹を誘発する慢性じんましんのサブタイプが含まれます。慢性刺激誘発型じんましんは慢性じんましん(CSU)よりも標準用量の抗ヒスタミン剤に抵抗性があることが裏付けられています。

生物学的製剤、ノバルティス/ロシュのゾレアが慢性じんましんを適応症として承認されているのみで、慢性刺激誘発型じんましんに対する効果的な薬剤には機会が開かれています。過去1年間の各薬剤クラスの患者シェアは比較的安定しているものの、新たな第2世代抗ヒスタミン剤の間では有効性と副作用面での改善といった肯定的なトレンドが見受けられます。慢性刺激誘発型じんましん治療薬市場ではモンテルカストが中心的存在で、併用療法でも好まれています。

現在のじんましん治療ガイドラインでアドオン治療としてロイコトリエン受容体拮抗薬の使用が推奨されていることに一致します。アッヴィのヒュミラやゾレアなどの生物学的製剤が慢性刺激誘発型じんましんに適応外処方されていることにも、慢性刺激誘発型じんましんに対する新たな薬剤の必要性が明確に示されています。

キーポイント

  • 新規に診断された慢性刺激誘発型じんましん患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
  • TNFα阻害薬及びゾレアはどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか?
  • 診断から治療開始までの期間、及び1年以内に治療を開始する患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 単独療法、併用療法を受けている患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?
  • 薬物療法を受ける患者の製品レベルでのコンプライアンス及び治療継続率は?

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」とは

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。リアルワールドデータ(RWD)を活用して現在の治療実態市場を解析、新規および最新治療、コンプライアンスに関する最も現実的で詳細なデータです。膨大なクレームデータを、わかりやすいスライドで提供します。「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」モジュールの紹介、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search