skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

潰瘍性大腸炎|治療アルゴリズム:クレームデータ分析


DRGでは、米国における潰瘍性大腸炎の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。治療で使われる生物学的製剤のなかではTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)及びCAM阻害薬(武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ))が主流ですが、ファイザーのゼルヤンツ(初の経口Jak阻害薬)及びヤンセンのステラーラ(クローン病で承認、潰瘍性大腸炎で承認前段階)も現時点でのシェアはわずかながら、勢力を伸ばしつつあります。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

潰瘍性大腸炎は、再燃を繰り返す慢性の炎症性腸疾患で、下痢、腹痛、直腸出血、発熱、体重減少などが特徴です。潰瘍性大腸炎治療の主な目標は寛解の導入及び維持です。軽度から中等度の症例では、従来の薬剤(5-ASAなど)がまず選択され、多くの場合効果が得られています。次いで必要に応じてより有効性の高い免疫抑制剤や生物学的製剤などが用いられています。生物学的製剤のなかではTNFα阻害薬(ヤンセン/メルクのレミケード、アッヴィ/エーザイのヒュミラ)及びCAM阻害薬(武田のエンティビオ(日本の製品名はエンタイビオ))が主流ですが、ファイザーのゼルヤンツ(初の経口Jak阻害薬)及びヤンセンのステラーラ(クローン病で承認、潰瘍性大腸炎で承認前段階)も現時点でのシェアはわずかながら、勢力を伸ばしつつあります。

キーポイント

  • 新規に診断された潰瘍性大腸炎患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?
  • 最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
  • レミケード及びヒュミラはどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか?どのタイプの医療施設で使用されているか?
  • 診断から治療開始までの期間、及び1年以内に治療を開始する成人潰瘍性大腸炎患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 単独療法、併用療法を受けている成人潰瘍性大腸炎患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」とは

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。リアルワールドデータ(RWD)を活用して現在の治療実態市場を解析、新規および最新治療、コンプライアンスに関する最も現実的で詳細なデータです。膨大なクレームデータを、わかりやすいスライドで提供します。「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」モジュールの紹介、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search