skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

アルツハイマー病|治療アルゴリズム:クレームデータ分析


DRGでは、米国におけるアルツハイマー病の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートは全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、さらに、付随する別の保険請求データを用いてアルツハイマー病治療に用いられる神経精神病薬を細部まで深く検討します。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

米国のアルツハイマー病(AD)患者は約340万人と推定されます。承認された薬物療法は認知機能を改善する対症療法4剤(ドネペジル、メマンチンなど)のみで、効果もその持続期間も十分とは言えません。当市場はジェネリック化が進み、画期的な疾患修飾薬や付随行動に作用する新たな薬剤など、多様な高額ブランド薬の参入時期を迎えているため、新たな薬剤を開発する企業には今日の治療状況を正確に把握することが不可欠だといえます。本レポートは全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、さらに、付随する別の保険請求データを用いてアルツハイマー病治療に用いられる神経精神病薬を細部まで深く検討します。

キーポイント

  • 新規に診断されたアルツハイマー病患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
  • Namzaricはどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか?
  • 診断から治療開始までの期間、及び2年以内に治療を開始するアルツハイマー病患者の割合は?診断後2年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 単独療法、併用療法を受けているアルツハイマー病患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?
  • 薬物療法を受けるアルツハイマー病患者の製品レベルでの遵守率及び治療継続率は?

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」とは

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。リアルワールドデータ(RWD)を活用して現在の治療実態市場を解析、新規および最新治療、コンプライアンスに関する最も現実的で詳細なデータです。膨大なクレームデータを、わかりやすいスライドで提供します。「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」モジュールの紹介、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search