skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

男性精腺機能低下症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析


DRGでは、米国における男性精腺機能低下症の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。テストステロン補充療法(TRT)の主な短所は、精子形成が低下することで、代替の低テストステロン治療法は、生殖能力維持のためゴナドトロピンの刺激に焦点を置いています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

男性性腺機能低下症(低テストステロン)は、精子形成障害と血清テストステロン値が低いことが特徴です。成人男性において、低テストステロン値は精巣の内因性異常または下垂体または視床下部上流のテストステロン生合成に関与するシグナリング経路における変化が原因となる可能性があります。成人男性においては、加齢及び併存疾患(高度肥満または2型糖尿病)によってテストステロン値が低下する例が大半を占めています。テストステロン補充療法(TRT)は低テストステロン治療の基盤として総血清テストステロン値を上昇させることが目標で、主に注射または外用剤として投与されます。しかしながら、TRTの主な短所は、精子形成が低下することで、代替の低テストステロン治療法は、生殖能力維持のためゴナドトロピンの刺激に焦点を置いています。さらにFDAは最近、心リスク増加の可能性があるとして TRTの使用に対し警告を発しました。 本レポートではリアルワールドデータ分析に基づいて、医師の処方や治療戦略における変更の可能性を評価します。

キーポイント

  • 新規に診断された男性性腺機能低下症患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?
  • 外用TRT、注射型TRT、その他の剤形のTRTの使用状況は?
  • 診断から治療開始までの期間、及び1年以内に治療を開始する男性性腺機能低下症患者の割合は?
  • 診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 薬物療法を受ける患者の製品レベルでの遵守率及び治療継続率は?

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」とは

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。リアルワールドデータ(RWD)を活用して現在の治療実態市場を解析、新規および最新治療、コンプライアンスに関する最も現実的で詳細なデータです。膨大なクレームデータを、わかりやすいスライドで提供します。「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」モジュールの紹介、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search