skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

特発性肺線維症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析


DRGでは、米国における特発性肺線維症(IPF)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。本レポートは、全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、現在の特発性肺線維症治療薬市場を深く掘り下げます。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

特発性肺線維症(IPF)は、肺機能の不可逆的な悪化により死に至る重篤かつ希少な疾患で、患者のほとんどは診断後3~5年以内に死亡します。米国の患者数は約5万人です。軽度から中等度の成人特発性肺線維症患者の治療で承認されているのはピルフェニドン(ロシュのEsbriet(日本の製品名はピレスパ/塩野義))及びニンテダニブ(ベーリンガーインゲルハイムのオフェブ)のみです。これらの疾患修飾薬以外に、リスク・ベネフィットプロファイルがピルフェニドンまたはニンテダニブでの治療に適さないと考えられる場合、または患者が保険治療を受けられない、これらの薬剤の一部自己負担が困難な場合には、コルチコステロイド、抗凝固薬などが適応外処方されています。本レポートは、全米の患者レベルの保険請求データを提供し、新規診断患者と最近受診した既存患者に対する主な薬剤の使用状況を考察し、現在の特発性肺線維症治療薬市場を深く掘り下げます。

キーポイント

  • 新規に診断された特発性肺線維症(IPF)患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
  • 診断から治療開始までの期間、及び1年以内に治療を開始するIPF患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 単独療法、併用療法を受けているIPF患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」とは

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。リアルワールドデータ(RWD)を活用して現在の治療実態市場を解析、新規および最新治療、コンプライアンスに関する最も現実的で詳細なデータです。膨大なクレームデータを、わかりやすいスライドで提供します。「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」モジュールの紹介、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search