skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

糖尿病性黄斑浮腫/糖尿病性網膜症|治療アルゴリズム:クレームデータ分析


DRGでは、米国における糖尿病性黄斑浮腫(DME)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。糖尿病性黄斑浮腫市場では競争が激しいため、リアルワールドデータを用いて糖尿病性黄斑浮腫治療の現状を把握することが非常に重要です。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

糖尿病性黄斑浮腫(DME)は、糖尿病性網膜症により血管から漏れ出た血液成分が黄斑にたまって腫れを生じる疾患です。血管内皮増殖因子(VEGF)を標的とする薬剤が糖尿病性黄斑浮腫患者の視力を改善することが示されました。糖尿病性黄斑浮腫治療に使用される抗VEGF抗体はルセンティスとアイリーアの他、アバスチンが適応外処方されています。抗VEGF抗体以外に、長時間作用型の眼内コルチコステロイドインプラント、OzurdexとIluvienの2剤も2014年米国で糖尿病性黄斑浮腫での使用が承認されました。当市場では競争が激しいため、リアルワールドデータを用いて糖尿病性黄斑浮腫治療の現状を把握することが非常に重要です。

キーポイント

  • 新規に診断された糖尿病性黄斑浮腫(DME)患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
  • 眼内コルチコステロイドインプラントはどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか?
  • 診断から治療開始までの期間、及び1年以内に治療を開始するDME患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
  • 単独療法、併用療法を受けているDME患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」とは

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。リアルワールドデータ(RWD)を活用して現在の治療実態市場を解析、新規および最新治療、コンプライアンスに関する最も現実的で詳細なデータです。膨大なクレームデータを、わかりやすいスライドで提供します。「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」モジュールの紹介、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search