skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

心不全 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

心不全  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

本レポートでは心不全(HF)市場における2017-2027年の期間中のEntrestoの使用、さらに2020年に予想されているHFpEFの効能追加について洞察します。新たな慢性心不全治療薬となる可能性のある数剤についても考察し、新製品の上市が見られない急性心不全市場がどのように進展しうるかを評価します。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

心不全(HF)は急性と慢性に分類されますが、本書ではいずれについても考察します。心不全患者の死亡率は高く、心不全の薬物療法がかなり進展したとはいえ、左室駆出率が低下した(HFrEF)慢性心不全の治療が主で、左室駆出率が保たれた(HFpEF)慢性心不全患者に対しては深刻なニーズが依然残されています。

さらに、急性心不全の治療は、上市から長期間経過したジェネリック薬に限られています。

本書では2017-2027年の期間中のEntrestoの使用、さらに2020年に予想されているHFpEFの効能追加について洞察します。新たな慢性心不全治療薬となる可能性のある数剤(ベーリンガーインゲルハイム/イーライリリーのジャディアンス、アストラゼネカのフォシーガ、Lexicon Pharmaceuticals/サノフィのsotagliflozin、バイエル/MSDのvericiguat、アムジェン/Cytokineticsのomecamtiv mecarbil)についても考察し、新製品の上市が見られない急性心不全市場がどのように進展しうるかを評価します。

調査におけるキーポイント

  • 薬物療法の対象となる心不全患者の規模、診断率は今後どう変化するとみられるか?
  • 現在の心不全治療状況、最も重要な薬剤とその理由は?未だ満たされていない主な臨床ニーズとは?
  • 予測期間中Entrestoの使用はどのように推移するか、ブロックバスターの地位を獲得できるか?
  • エビデンスに基づく初の薬剤が上市されれば、HFpEF治療はどのように進展すると思われるか?
  • KOLはどの薬剤に最も期待を寄せているか?薬剤数が増え競争が激化するなか、新たな薬剤にはどの程度の市場浸透が予想されるか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search