skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

大腸がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

大腸がん  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

大腸がん市場では2017年から2027年の予測期間中、免疫チェックポイント阻害薬、新たなBRAF/MEK阻害薬併用の売上は増加が予想されるものの、ジェネリック薬及びバイオシミラーの競争もまた売上に大きな影響を及ぼしそうです。本レポートでは、2017-2027年の期間中、大腸がんの治療選択肢において予想される変化などを洞察し、既存及び今後承認が見込まれる各薬剤について、現在及び今後の収益力を分析します。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

大腸がんは世界で3番目に多いがん種で、5年全生存率は65.1%とされています。現在の転移性大腸がん治療は血管新生阻害薬やEGFR阻害薬と化学療法の併用レジメンが主体です。特にRAS遺伝子変異がみられる患者において非常に深刻なニーズが残されており、革新的な薬剤には相当の商機が存在しています。2017年から2027年の予測期間中、免疫チェックポイント阻害薬、新たなBRAF/MEK阻害薬併用の売上は増加が予想されるものの、ジェネリック薬及びバイオシミラーの競争もまた売上に大きな影響を及ぼしそうです。本レポートでは、2017-2027年の期間中、大腸がんの治療選択肢において予想される変化などを洞察し、既存及び今後承認が見込まれる各薬剤について、現在及び今後の収益力を分析します。

調査におけるキーポイント

  • 2017-2027年の期間に、大腸がん治療薬の売上減少が予想されるが、売上を抑制する主な要因は?この期間中の主な成長原動力は何か?注目すべき医薬品開発活動は?当市場にはどのような課題と機会が残されているか?
  • BRAF遺伝子変異を有する大腸がん患者においてBRAF/MEK阻害薬を含む2つの併用療法、メクトビ/ビラフトビ/アービタックス、ゼルボラフ/アービタックス/イリノテカンの有望な有効性が示されたが、オピニオンリーダー(KOL)はこれらの薬剤・クラスに対しどのような見解を持っているか?これらの薬剤はどの患者群を対象としているか?これらの薬剤は、現在試験が実施されている市場で承認されるか?これらの薬剤の使用によってその他の薬剤の処方にどのような影響が予想されるか?
  • 2017年、FDAはキイトルーダ(メルク)とオプジーボ(ブリストル・マイヤーズ スクイブ)をフルオロピリミジン、イリノテカン、オキサリプラチンで治療後に病勢進行したnMSI-HまたはdMMR大腸がんに対するセカンドライン以降の治療薬として承認。2018年には、オプジーボと低用量ヤーボイ併用も同適応でFDAに承認されたが、これらの薬剤に対するKOLの見解は?これらの薬剤は主要7カ国で効能追加を実現できるか?この他、どの免疫チェックポイント阻害薬がどの患者サブグループを対象に開発されているか?
  • アバスチンとEGFR阻害薬の治験の後ろ向き解析で、腫瘍の部位がこれらの薬剤の奏効を示す予後因子となる可能性が示されたが、KOLはこうしたデータをどのように評価するか?予測期間中、「腫瘍の部位」が転移性大腸がんの治療に影響を与えうるか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search