skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

神経障害性疼痛 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

神経障害性疼痛  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

神経障害性疼痛市場では主要製品が堅調な売上を維持し、使用可能なジェネリック薬も増加していますが、神経障害性疼痛に苦しむ患者数の上昇、さらには現在の治療選択肢で治療困難な患者も少なくないため、特に新たな作用機序を持つ鎮痛薬のニーズが存在しています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

神経障害性疼痛の治療には、抗うつ薬、抗てんかん薬、局所麻酔薬、複数の作用を持つオピオイド系鎮痛薬など、多様なクラスの薬剤が用いられます。主要製品が堅調な売上を維持し、使用可能なジェネリック薬も増加していますが、神経障害性疼痛に苦しむ患者数の上昇、さらには現在の治療選択肢で治療困難な患者も少なくないため、特に新たな作用機序を持つ鎮痛薬のニーズが存在しています。

調査におけるキーポイント

  • 現在の神経障害性疼痛の治療状況、現在の治療選択肢に関するKOLの見解は?
  • 現在開発後期に達しているファイザー/イーライリリーのtanezumab、Regeneron/テバ/田辺三菱製薬のfasinumab、Grünenthalのcebranopadol、第一三共のmirogabalinなどの神経障害性疼痛治療薬候補に対するKOLの見解は?
  • 後期段階の神経障害性疼痛治療薬の上市が実現した場合、その商業的可能性は?
  • ジェネリック競争の激化と2028年までの新たな薬剤参入を考慮し、当市場は今後10年間でどのような進展が予想されるか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search