skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

てんかん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

てんかん  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

DRGでは、主要7カ国におけるてんかん患者数を470万人と推定しています。(てんかん|Epidemiology 疫学)既存及び新たなブランド薬のマーケティング担当者にとっては、確立しているとはいえ発展を続けるこの市場の推移とニッチ機会の理解が重要です。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

DRGでは、主要7カ国におけるてんかん患者数を470万人と推定しています。異質性を持つ疾患で、主に患者の発作症候群と発作のタイプに基づいて個別の治療が求められます。

第3世代抗てんかん薬ブランド薬数製品がある程度のシェアを維持しているものの、てんかん市場はジェネリック薬の普及がかなり進んでいます。いくつかの開発業者は、従来どおりてんかんでの承認を追求しているものの、大半は治療が不十分な、希少な小児てんかんを対象とする、または急性の反復性けいれんのレスキュー薬といった新たな製剤の開発に集中しています。

既存及び新たなブランド薬のマーケティング担当者にとっては、確立しているとはいえ発展を続けるこの市場の推移とニッチ機会の理解が重要です。

調査におけるキーポイント

  • 主要7カ国におけるてんかん治療の現状、既存の薬剤で未だ満たされていないニーズとは?
  • Epidiolex、ZX-008など、希少てんかん患者を対象とする薬剤の市場機会と売上の可能性は?
  • NRL-01、USL-261など、急性発作に対する鼻腔内投与レスキュー薬は当市場でどのような臨床的役割を果たせるか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search