skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

萎縮型・滲出型加齢黄斑変性 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

萎縮型・滲出型加齢黄斑変性  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

滲出型加齢黄斑変性(AMD)市場は、当疾患で承認されているルセンティス、複数のがんで承認され、滲出型AMDに適応外使用されているアバスチン、他の2製品に代わって売上を伸ばしているアイリーアの3製品に独占されています。 新たに開発されている薬剤の大半は滲出型AMD患者を標的としていますが、萎縮型AMD患者を対象とした新たな薬剤の評価も進行中です。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

滲出型加齢黄斑変性(AMD)市場は、当疾患で承認されているロシュ/ジェネンテック/ノバルティスのルセンティス、複数のがんで承認され、滲出型AMDに適応外使用されているロシュ/ジェネンテック/中外のアバスチン、他の2製品に代わって売上を伸ばしているRegeneron/バイエルヘルスケア/参天のアイリーアの3製品に独占されています。

AMD患者の大半は萎縮型AMDと診断されているものの、このタイプの管理は効果の少ないビタミン剤に限られています。患者数が多いにもかかわらず薬物療法は承認されておらず、十分な治療が受けられていません。

病理学上、薬物標的がより明確であることから、新たに開発されている薬剤の大半は滲出型AMD患者を標的としていますが、萎縮型AMD患者を対象とした新たな薬剤の評価も進行中です。ただ、萎縮型AMDでは過去にも数剤の開発が第III相で中断されています。

調査におけるキーポイント

  • KOLは主な薬剤、アバスチン、アイリーア、ルセンティスに違いを感じているか?その使用は今後10年間でどう変化することが予想されるか?
  • 今後10年間でアイリーアとルセンティスのバイオシミラーの参入が予想されるが、これらが既存・開発段階のVEGF阻害薬にどのような影響を与えると思われるか?
  • 滲出型AMDにおいては、既存治療薬よりも投与間隔が長い薬剤というニーズが存在する。開発中のVEGF阻害薬brolucizumab (ノバルティス) 及びabicipar pegol (アラガン) はこのニーズをどの程度満たすことができると考えられるか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search