skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

末梢動脈疾患 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

末梢動脈疾患  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

末梢動脈疾患(PAD)に特化して開発された薬剤はごくわずかで、選択肢にはここ数年ほとんど変化がありませんが、新たに数剤が開発段階にあります。当市場には深刻なニーズが存在することから、診断率と治療率が高まれば、市場の大きな成長が見込めそうです。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら


概要

末梢動脈疾患(PAD)は全身の動脈硬化性疾患で、主に下肢の動脈に影響を与え、先進国では死因の上位に位置しています。脳卒中や心筋梗塞等の全身性虚血性イベントの重要なマーカーと考えられています。患者の多くは無症候性で、適切に診断されずに見過ごされることも多く、治療も十分ではありません。しかしながら末梢動脈疾患の最適な管理には積極的な二次予防策が必要であるという認識が次第に高まりつつあります。末梢動脈疾患に特化して開発された薬剤はごくわずかで、選択肢にはここ数年ほとんど変化がありませんが、新たに数剤が開発段階にあります。当市場には深刻なニーズが存在することから、診断率と治療率が高まれば、市場の大きな成長が見込めそうです。

調査におけるキーポイント

  • ジェネリック薬が圧倒的で、ブランド薬の売上はごくわずかという当市場は、新たなブランド薬の上市によってどのような影響を受けるか?これらの薬剤が使用される可能性が高いのはどの患者タイプか?
  • 新たな末梢動脈疾患治療薬のR&Dには、多様な作用機序が含まれているが、臨床的有用性を示した薬剤はほとんどない。現在の薬剤開発はどの程度活発か?開発段階の薬剤の可能性についてのオピニオンリーダーの見解は?
  • 末梢動脈疾患の治療には、多数の患者は診断されておらず、治療を受けていないというかなり大きなギャップがある。オピニオンリーダーはこの治療ギャップはどのように埋められると考えるか?新たな薬剤の参入はどのような影響をもたらすか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search