skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

アトピー性皮膚炎・アトピー性湿疹 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国


アトピー性皮膚炎のアンメットニーズにこたえるため多数の薬剤の開発が進められています。Eucrisa、デュピクセント(デュピルマブ)が先駆けて上市され、今後の治療アルゴリズムへの影響が予想されます。本レポートではアトピー性皮膚炎患者サブグループ、現在の疾患管理、未だ残されている医療ニーズ、開発段階の薬剤の臨床・商業的可能性などを総合的に考察・分析します。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

アトピー性皮膚炎は慢性の炎症性皮膚疾患で、掻痒と湿疹が特徴です。治療の主な目標は皮膚バリア機能の保護、炎症軽減、痒みの軽減です。軽度例では、コルチコステロイドなどの外用剤が有効である場合が多いものの、安全性、忍容性、治療遵守率が十分とは言えません。

外用剤で難治性の患者に対する効果的な治療、及び全般的には、中等度から重度のアトピー性皮膚炎患者に対する治療薬が強く求められており、当疾患のパイプラインでは多数の薬剤がこの患者グループを対象として開発を進めています。

ファイザーの非ステロイド性外用剤Eucrisa(crisaborole)とサノフィ/Regeneronの生物学的製剤(皮下注)デュピクセント(デュピルマブ)が他製品に先駆けて上市され、今後治療アルゴリズムが大きく変更されることが予想されます。本レポートではアトピー性皮膚炎患者サブグループ、現在の疾患管理、未だ残されている医療ニーズ、開発段階の薬剤の臨床・商業的可能性などを総合的に考察・分析します。

調査におけるキーポイント

  • アトピー性皮膚炎患者の重症度別(軽度、中等度、重度)規模、2027年までにどのような変化が予想されるか?現在の治療薬はこれらの各患者群にどの程度対応できているか?
  • ファイザーのEucrisa及びサノフィ/Regeneronのデュピクセントの上市によって、アトピー性皮膚炎治療薬市場にどのような変化が生じたか?
  • 開発段階にある主な薬剤は?これらのうち、商業的成功が最も見込める薬剤は?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search