skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

肝細胞がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国


肝細胞がんの治療には多様なアプローチが組み込まれています。進行(転移性)がんは緩和を目的とした治療となります。唯一のファーストライン治療は、承認から長期経過したネクサバールです。再発がんの場合は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ/小野薬品の抗PD-1抗体オプジーボが2017年に承認されて以来、相当のシェアを獲得しています。開発後期段階の薬剤は圧倒的に進行肝細胞がんセグメントに集中しており、多岐にわたる作用機序が見られますが、当市場の大半は未開拓であるため、有効な治療法が強く求められています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

肝細胞がん(HCC)は肝臓の原発性悪性腫瘍で、大半の症例は肝硬変に起因しています。肝細胞がんの治療には多様なアプローチが組み込まれています。進行(転移性)がんは緩和を目的とした治療となり、承認されている薬物療法はほとんどありません。唯一のファーストライン治療は、承認から長期経過したバイエルヘルスケア/アムジェン/Onyxのネクサバールです。再発がんの場合は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ/小野薬品の抗PD-1抗体オプジーボが2017年に承認されて以来、相当のシェアを獲得しています。開発後期段階の薬剤は圧倒的に進行肝細胞がんセグメントに集中しており、多岐にわたる作用機序が見られます。当市場の大半は未開拓であるため、有効な治療法の開発により多額の収益が見込めます。

調査におけるキーポイント

  • 薬物療法の対象となる肝細胞がん患者の規模、薬物療法の受療率は今後どう変化するとみられるか?
  • 現在の肝細胞がん治療状況、最も重要な薬剤は?現在の治療選択肢に関するKOLの見解は?未だ満たされていない主な臨床ニーズとは?
  • 現在開発段階にある主な薬剤は?どの薬剤・クラスが最も有望か?開発早期段階で注目すべき薬剤は?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search