skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

シェ―グレン症候群 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

シェ―グレン症候群  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

シェ―グレン症候群の治療においては、病理プロセスを推進すると考えられる主なパスウェイを標的とし、疾患修飾の可能性を持つ新たな薬剤が開発段階にあります、こうした疾患修飾薬の上市が実現すれば、今後のシェ―グレン症候群の管理は一変する可能性があります。しかしながら、この疾患は過去の例からも開発の非常に困難な領域といえます。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

シェ―グレン症候群は進行性の自己免疫疾患で、慢性の炎症と外分泌腺に対するリンパ球の浸潤が特徴です。浸潤は単独で生じる場合(一次性シェ―グレン症候群)と他の自己免疫疾患に付随する場合(二次性シェ―グレン症候群)があります。現在治療管理の中心となっているのは、ドライアイ、ドライマウス、特定の腺外症状に対する対症療法です。

全身性の症状はヒドロキシクロロキンで治療される場合が最も多く、重度例では全身性免疫調節薬(アザチオプリン、メトトレキサートなど)が用いられます。

病理プロセスを推進すると考えられる主なパスウェイを標的とし、疾患修飾の可能性を持つ新たな薬剤が開発段階にあり、こうした疾患修飾薬の上市が実現すれば、今後のシェ―グレン症候群の管理は一変する可能性があります。しかしながら、この疾患は過去の例からも開発の非常に困難な領域といえます。

調査におけるキーポイント

  • シェ―グレン症候群患者の規模、今後どのような変化が予想されるか?
  • 現在のシェ―グレン症候群の管理状況は?最も重要な薬剤とその使用を推進する要因は?
  • 未だ満たされていない臨床ニーズのうち、最も深刻なものは?
  • 現在開発段階の薬剤のうち最も有望なのはどの薬剤か?当市場においてどの程度の売上が予想されるか?開発早期段階で注目すべき薬剤は?
  • 当市場における成長原動力、抑制要因は?2027年までの予測期間中、市場はどう進展するか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search