skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

ADHD | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

ADHD  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

主要7カ国市場では4000万人以上の小児、青年、成人が注意欠陥・多動性障害(ADHD)に苦しんでいるとみられます。既存治療薬での不十分さへの治療ニーズがあり、新たな薬剤が他社製品との差別化を図るうえで絶好の機会だといえます。成人ADHDの発見や治療は十分ではありませんが、特に米国では認識と診断率が高まることが予想され、相当の市場機会が見込まれます。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

主要7カ国市場では4000万人以上の小児、青年、成人が注意欠陥・多動性障害(ADHD)に苦しんでいるとみられます。主な治療目標は小児、成人患者ともに、不注意、多動性、衝動性という中核症状のコントロール及び患者の総合的な機能とQOLの改善です。

小児・成人ADHDともに精神刺激薬が主に処方されていますが、非刺激療法も代替、または後の治療ラインの選択肢として用いられています。

既存治療薬の欠点は、新たな薬剤が他社製品との差別化を図るうえで絶好の機会だといえます。さらに、成人ADHDの発見や治療は十分ではありませんが、特に米国では認識と診断率が高まることが予想され、相当の市場機会が見込まれます。

調査におけるキーポイント

  • 主要7カ国市場における現在の小児・成人ADHD治療状況は?現在のADHD治療薬で十分に対応できていないニーズとは?
  • 主要な薬剤(例:イーライリリーのストラテラ[アトモキセチン])のジェネリック競争によりADHD治療ランドスケープがどう変化したか?
  • 上市後間もない、またはブランド薬のみの薬剤(例:シャイアーのMydayis、Neos TherapeuticsのAdzenys ER)はどのように治療に組み込まれているか?これらの薬剤に対する医師の見解は?
  • 開発中の新たな薬剤のうちKOLが小児ADHD及び成人ADHDに対し最も有望だと考えるのはどれか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search