skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

前立腺がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

前立腺がん  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

前立腺がんは先進国の男性において最も発症率の高いがんです。ホルモン療法が中心で、どのステージにおいても広く使用されています。転移性去勢抵抗性前立腺がんに対しては、ザイティガ及びイクスタンジが基本治療です。現在、両剤を非転移性がんで評価する数件の治験が実施されています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

前立腺がんは先進国の男性において最も発症率の高いがんです。ホルモン療法が中心で、どのステージにおいても広く使用されています。

転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対しては、ザイティガ(ジョンソン・エンド・ジョンソン/ヤンセンバイオテック/ヤンセンシラグ/アストラゼネカのアビラテロン)及びイクスタンジ(ファイザー/アステラス製薬のエンザルタミド)が基本治療です。

現在、両剤を非転移性がんで評価する数件の治験が実施されています。

mCRPCに対する後期段階のパイプラインにはPARP阻害薬4剤(アストラゼネカのLynparza (olaparib)、Clovis OncologyのRubraca (rucaparib)、Tesaro/ヤンセンバイオテックのZejula (niraparib)、ファイザーのTalzenna (talazoparib))の他、ロシュ/ジェネンテック/中外製薬の免疫チェックポイント阻害薬テセントリク(アテゾリズマブ)、Array BioPharma/ロシュ/ジェネンテック/中外製薬のキナーゼ阻害薬ipatasertib、さらにEndocyteの放射性リガンド療法177Lu-PSMA-617も第III相に達するなど、非常に充実しています。

調査におけるキーポイント

  • 当市場における成長原動力、抑制要因は?予測期間中、どの新規薬剤クラスの浮上が予想され、市場全体に与えるインパクトは?
  • 前立腺がんの現在の治療・管理と、これが今後どう変化することが予想されるか?
  • 後期段階の薬剤の臨床・商業的可能性と、予想されるポジショニングは?新たに上市される薬剤は2027年までどのような成長が予想されるか?
  • 前立腺がんの管理上、問題となっている未対応の課題とは?主な開発・治療機会は?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search