skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

2型糖尿病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国


2型糖尿病市場は、罹患者の増加と効果的な長期コントロール可能な薬剤というニーズに支えられ、本レポートの予測期間中(2017-2027年)着実に成長を続けそうです。開発パイプラインから新たに数製品が発売される見込みで、市場の成長が持続されそうです。しかしこうした新たな薬剤の多くは既存クラスまたは既存化合物の新たな併用療法で、やや「出遅れ」感があります。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

2型糖尿病市場は、罹患者の増加と効果的な長期コントロール可能な薬剤というニーズに支えられ、本レポートの予測期間中(2017-2027年)着実に成長を続けそうです。開発パイプラインから新たに数製品が発売される見込みで、市場の成長が持続されそうです。しかしこうした新たな薬剤の多くは既存クラスまたは既存化合物の新たな併用療法で、やや「出遅れ」感があります。最も急速な成長が予想される薬剤クラスとしてSGLT-2阻害薬(ジャディアンスの心血管系ベネフィット)及びGLP-1受容体作動薬(有効性、体重減少の可能性、ビクトーザとオゼンピックの心血管ベネフィット)が挙げられます。ただ、償還の問題、規制環境も次第に厳しさを増していることから、これらの療法は採用の点で大きな課題に直面しそうです。

調査におけるキーポイント

  • ジャディアンスが肯定的な心血管系ベネフィットを示したことから、SGLT-2阻害薬がDPP-IV阻害薬を超えて経口薬クラス売上首位の座に就くか?
  • 肯定的な心血管データを得て、ビクトーザは週1回投与のトルリシティやオゼンピックなどを抑えてGLP-1受容体作動薬クラスの首位を維持できるか?
  • XultophyやSoliquaなど新たな合剤への投資は実を結ぶか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search