skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

膀胱がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

膀胱がん  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

免疫チェックポイント阻害薬の参入により、膀胱がんの治療アルゴリズムは大きく変わりつつあります。2016~17年に免疫チェックポイント阻害薬5剤のプラチナ製剤による治療歴のある患者に対する使用(セカンドライン以降)がFDAに承認され、抗PD-L1抗体テセントリク、抗PD-1抗体オプジーボ及びその他の抗PD-1/PD-L1抗体は、切除不能な局所進行または転移性がんで高い売上が予想されます。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

免疫チェックポイント阻害薬の参入により、切除不能な局所進行または転移性膀胱がんの治療アルゴリズムは大きく変わりつつあります。2016~17年に免疫チェックポイント阻害薬5剤のプラチナ製剤による治療歴のある患者に対する使用(セカンドライン以降)がFDAに承認され、抗PD-L1抗体テセントリク(ロシュ/ジェネンテック/中外製薬)、抗PD-1抗体オプジーボ(ブリストル・マイヤーズ スクイブ/小野薬品)及びその他の抗PD-1/PD-L1抗体は、切除不能な局所進行または転移性がんで巨額の売上が予想されます。第II/III相パイプラインは活発で、後期パイプラインの数剤は従来治療対象ではなかった切除不能な局所進行または転移性膀胱がん(ファーストライン)を対象としています。予測期間中、新たな薬剤数製品が承認され、治療選択肢が増えそうです。

調査におけるキーポイント

  • 臨床的・商業的意義のある切除不能な局所進行または転移性膀胱がんの薬物療法対象患者規模は?薬物療法の受療率には今後どのような変化が予想されるか?
  • 現在の切除不能な局所進行または転移性膀胱がんの治療状況、既存薬の長所と欠点、各薬剤に対する専門医の見解は?
  • 未だ満たされていない臨床ニーズとは?製薬企業にとっての商機は?
  • 現在開発段階の薬剤のうち最も有望なのはどの薬剤か?切除不能な局所進行または転移性膀胱がんでどの程度の売上・使用が見込まれるか?開発早期段階で最も有望な薬剤は?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search