skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

軸性脊椎関節炎 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国


軸性脊椎関節炎(AxSpA)市場では、2つの薬剤クラス、TNF-α阻害薬とIL-17阻害薬に属する生物製剤7剤が競っています。TNF-α阻害薬はNSAIDで難治性の軸性脊椎関節炎患者に対して最も広く処方されている生物学的製剤ですが、安価なバイオシミラーの参入及びIL-17クラスの成長という2方向からの脅威に直面しています。IL-17クラスは有効性でより厳格な治験評価項目を達成しています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

軸性脊椎関節炎(AxSpA)市場では、2つの薬剤クラスに属する生物学的製剤7剤が競っています。

ブロックバスターの売上を達成したTNF-α阻害薬(アムジェンのエンブレル、アッヴィのヒュミラ、ヤンセンのレミケード、シンポニー(皮下注)/シンポニーアリア(静注)、UCBのシムジア)とインターロイキン17 (IL-17)阻害薬(ノバルティス、コセンティクス)です。

TNF-α阻害薬はNSAIDで難治性の軸性脊椎関節炎患者に対して最も広く処方されている生物学的製剤ですが、安価なバイオシミラーの参入及びIL-17クラスの成長という2方向からの脅威に直面しています。

IL-17クラスは有効性でより厳格な治験評価項目を達成しています。非X線学的軸性脊椎関節炎患者群において初のFDA承認を追求している企業もあります。

他にも参入間近のIL-17阻害薬(イーライリリーのトルツ、協和発酵キリンのルミセフ)、この疾患で初の経口標的療法と見込まれるファイザーのJAK阻害薬ゼルヤンツの第III相試験も控えているため、シェア獲得には製品の差別化という難題に取り組む必要があります。

調査におけるキーポイント

  • 治療対象となる軸性脊椎関節炎患者規模、診断率・薬物療法の受療率には今後どのような変化が予想されるか?
  • 現在の治療選択肢に関するKOLの見解は?未だ満たされていない主な臨床ニーズとは?
  • 現在開発段階の薬剤のうち最も有望なのはどの薬剤か?軸性脊椎関節炎でどの程度の売上・使用が見込まれるか?
  • 開発早期段階で注目すべき薬剤は?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search