skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

非小細胞肺癌 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

非小細胞肺癌  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

非小細胞肺癌(NSCLC)に対しては、オンコロジー領域でも特に開発パイプラインが充実しており、多種の分子標的療法及びバイオマーカーを用いる療法が開発されています。DRGでは、当市場は予想期間中(2017-2027年)堅調な成長を維持するものと予想しています。最大の成長促進要因は、今後も免疫チェックポイント阻害薬の使用と効能追加が予想されることです。EGFR及びALK阻害薬もそれぞれタグリッソとアレセンサがファーストラインの効能追加を果たし、市場成長に貢献しそうです。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

非小細胞肺癌(NSCLC)に対しては、オンコロジー領域でも特に開発パイプラインが充実しており、多種の分子標的療法及びバイオマーカーを用いる療法が開発されています。DRGでは、当市場は予想期間中(2017-2027年)堅調な成長を維持するものと予想しています。最大の成長促進要因は、今後も免疫チェックポイント阻害薬の使用と効能追加が予想されることです。EGFR及びALK阻害薬もそれぞれタグリッソとアレセンサがファーストラインの効能追加を果たし、市場成長に貢献しそうです。

調査におけるキーポイント

  • 薬物療法に適する非小細胞肺癌患者の規模、薬物療法の受療率は今後どう変化するとみられるか?
  • 現在の非小細胞肺癌治療状況、現在の治療選択肢に対する専門医の見解は?未だ満たされていない臨床ニーズとは?
  • 現在開発段階の薬剤のうち最も有望なのはどの薬剤か?非小細胞肺癌でどの程度の売上・使用が見込まれるか?開発早期段階で注目すべき薬剤は?
  • 当市場における成長原動力、抑制要因は?予測期間中、市場はどう進展するか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search