skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

糖尿病黄斑浮腫/糖尿病網膜症 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

糖尿病黄斑浮腫/糖尿病網膜症  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

糖尿病網膜症患者は、網膜の損傷のため、特に増殖性糖尿病網膜症及び糖尿病黄斑浮腫を発症した場合、視力低下、最終的には失明に至りかねません。糖尿病黄斑浮腫治療薬市場では新たに数製品が発売され、競争が激しくなっています。中心窩を含む糖尿病黄斑浮腫の標準療法は血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬で、承認済みのアイリーアとルセンティス、さらにアバスチンも適応外処方されています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

糖尿病網膜症患者は、網膜の損傷のため、特に増殖性糖尿病網膜症及び糖尿病黄斑浮腫を発症した場合、視力低下、最終的には失明に至りかねません。糖尿病黄斑浮腫治療薬市場では新たに数製品が発売され、競争が激しくなっています。中心窩を含む糖尿病黄斑浮腫の標準療法は血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬で、承認済みのアイリーアとルセンティス、さらにアバスチンも適応外処方されています。

長時間作用型の眼内コルチコステロイドインプラントOzurdex及びIluvienは、いくつかの市場において糖尿病黄斑浮腫に対し承認されています。なお、ルセンティス0.3 mgは2017年、米国で糖尿病黄斑浮腫を伴わない糖尿病網膜症の効能追加が初めて承認されました。アイリーアも2019年に米国で、ルセンティス0.5 mgも2020年に欧州で糖尿病黄斑浮腫を伴わない糖尿病網膜症の効能追加が見込まれています。

最新のパイプライン動向に基づき、DRGは糖尿病黄斑浮腫で新たな2剤、ノバルティスのVEGF阻害薬brolucizumabとロシュのVEGF/Ang-2阻害薬faricimabの発売を予測しています。アイリーアとルセンティス0.5 mgのバイオシミラー発売による売上減を一部補うことができそうです。糖尿病黄斑浮腫を伴わない糖尿病網膜症に対するVEGF阻害薬の使用を裏付ける臨床的エビデンスが増え、糖尿病網膜症/糖尿病黄斑浮腫パイプラインが拡大されるにつれ、当市場での競争は激しさを増しそうです。

調査におけるキーポイント

  • 治療可能な糖尿病網膜症/糖尿病黄斑浮腫患者の規模、診断率・薬物療法の受療率は今後どう変化するとみられるか?
  • 糖尿病黄斑浮腫治療において、KOLはアバスチン、アイリーア、ルセンティスに何らかの差を認めているか?今後10年間で既存治療薬の使用にどのような変化が予想されるか?
  • 糖尿病黄斑浮腫で後期段階に達している主な薬剤(brolucizumab、faricimab)の商業的可能性は?ルセンティス5 mg及びアイリーアのバイオシミラー発売によって市場動向にどのような影響が予想されるか?
  • 米国において、ルセンティス3 mgは糖尿病黄斑浮腫を伴わない糖尿病網膜症の治療アルゴリズムにどのように組み込まれてきたか?アイリーア(米国)及びルセンティス0.5 mg(欧州5カ国)に対し、この効能が承認された場合、市場に与えるインパクトは?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search