skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

乳癌 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

乳癌  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

乳癌は罹患率が高く、治療期間が長いことから、医薬品開発者に対し大きな事業機会を提供しています。CDK4/6阻害薬(ファイザーのイブランス、ノバルティスのKisqali、イーライリリーのベージニオ)はHR陽性/HER2陰性転移性乳癌治療において新たなダイナミクスを作り出しています。HER2陽性乳癌では、新たなHER2標的薬が開発段階にあり、参入が予想されています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

乳癌は罹患率が高く、治療期間が長いことから、医薬品開発者に対し大きな事業機会を提供しています。CDK4/6阻害薬(ファイザーのイブランス、ノバルティスのKisqali、イーライリリーのベージニオ)はHR陽性/HER2陰性転移性乳癌治療において新たなダイナミクスを作り出しています。HER2陽性乳癌では、新たなHER2標的薬が開発段階にあり、参入が予想されています。

一方、現在のHER2標的療法は競争、効能追加、バイオシミラー参入、新たな治験に基づいて診療ガイドラインが変更されるなど、いくつかの要因によって売上に変化が見られそうです。さらに、アストラゼネカのリムパーザの承認に続き、今後その他の PARP阻害薬の参入も予想されることから、免疫チェックポイント阻害薬と合わせて、特に「トリプルネガティブ」乳癌に対し多様な治療選択肢をもたらしそうです。

調査におけるキーポイント

  • 薬物療法に適する乳癌患者の規模、薬物療法の受療率は今後どう変化するとみられるか?
  • アストラゼネカのリムパーザ等最近の承認や、中外製薬/ロシュ/ジェネンテックのパージェタのHER2陽性術後補助療法、イーライリリーのベージニオのホルモン感受性転移性癌に対するファーストラインなどの効能追加により、市場にどのような影響が予想されるか?
  • 現在開発段階の薬剤のうち最も有望なのはどの薬剤か?これらの薬剤が今後の乳癌市場をどう形作っていくことが予想されるか?
  • 当市場における成長原動力、抑制要因は?予測期間中、市場はどう進展するか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search