skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

潰瘍性大腸炎 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

潰瘍性大腸炎  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

潰瘍性大腸炎市場は今後10年間で堅調な成長が見込まれます。中等度から重度患者に対する初の経口薬、さらに新規作用機序を有する新たな薬剤の参入も期待され、加えて疾患管理維持のために用いられる生物学的製剤の使用も全体的に増えそうです。これに対し、主力ブランド薬(例:シャイアのリアルダ)のジェネリック薬の参入が予想され、その他の従来の薬剤もジェネリック化が進み、やや安価なバイオシミラーTNF-αモノクローナル抗体(例ファイザーのInflectra、アムジェンのAmjevita)参入と使用拡大によって市場成長が抑制されそうです。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

潰瘍性大腸炎市場は今後10年間で堅調な成長が見込まれます。中等度から重度患者に対する初の経口薬、さらに新規作用機序を有する新たな薬剤の参入も期待され、加えて疾患管理維持のために用いられる生物学的製剤の使用も全体的に増えそうです。これに対し、主力ブランド薬(例:シャイアのリアルダ)のジェネリック薬の参入が予想され、その他の従来の薬剤もジェネリック化が進み、やや安価なバイオシミラーTNF-αモノクローナル抗体(例ファイザーのInflectra、アムジェンのAmjevita)参入と使用拡大によって市場成長が抑制されそうです。

ブランド薬、ジェネリック・バイオシミラー薬いずれにおいても競争が激化しつつあることから、当市場への参入を目指す新たな薬剤には、競合製品との明確な差別化が要求されそうです。

調査におけるキーポイント

  • 日、米、欧州諸国の消化器専門医による潰瘍性大腸炎治療の類似・相違点は?
  • 主力ブランド薬(例:リアルダ、ValeantのApriso)にも、ついにジェネリック薬参入が見込まれるが、どのような影響が予想されるか?
  • バイオシミラーに対する現在の医師の見解、これらの薬剤が潰瘍性大腸炎市場にどのような影響を与えることが予想されるか?
  • 開発段階の主要な薬剤(例:ファイザーのXeljanz、ロシュ/ジェネンテックのetrolizumab、セルジーンのozanimod)に対するKOLの意見は?治療アルゴリズムにどう組み込まれることを予想しているか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search