skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

悪性黒色腫 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

悪性黒色腫  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

悪性黒色腫は皮膚がんの中で最も悪性度が高く、生命を脅かす可能性があります。新たな薬剤によって患者の治療選択肢が増え、BRAF遺伝子変異に基づいて市場がセグメント化されています。市場首位メルクのキイトルーダ、小野薬品/ブリストル・マイヤーズ スクイブのオプジーボと、免疫チェックポイント阻害薬が圧倒的ですが、特に浸透度の低い術後補助療法、BRAF遺伝子野性型転移性がんに新規薬剤の機会が存在しています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

悪性黒色腫は皮膚がんの中で最も悪性度が高く、生命を脅かす可能性があります。近年の治療法の進歩にもかかわらず、罹患率は上昇しています。主に免疫療法とがん分子標的薬の進歩によって、悪性黒色腫市場は次第に混戦状態となってきました。

新たな薬剤によって患者の治療選択肢が増え、BRAF遺伝子変異に基づいて市場がセグメント化されています。市場首位メルクのキイトルーダ、小野薬品/ブリストル・マイヤーズ スクイブのオプジーボと、免疫チェックポイント阻害薬が圧倒的ですが、特に浸透度の低い術後補助療法、BRAF遺伝子野性型転移性がんに新規薬剤の機会が存在しています。併用療法に重心が置かれつつあることから2剤、3剤併用療法、後の段階で新規薬剤を導入するなど、悪性黒色腫治療アルゴリズムは今後も進化しそうです。このようにダイナミックな市場では、最大の売上を達成するため、既存薬は慎重にポジショニングを図る必要があります。

調査におけるキーポイント

  • 臨床的・商業的意義のある悪性黒色腫薬物療法の対象患者規模は?薬物療法の受療率には今後どのような変化が予想されるか?
  • 現在の悪性黒色腫治療状況、最も重要な薬剤とその理由は?現在の治療選択肢に関するKOLの見解は?未だ満たされていない臨床ニーズとは?
  • 現在開発段階の薬剤のうち最も有望なのはどの薬剤か?悪性黒色腫でどの程度の売上・使用が見込まれるか?開発早期段階の状況は?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search