skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

頭頸部扁平上皮がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

頭頸部扁平上皮がん  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)は解剖学的にも生物学的にも多様であるため、薬剤開発において複雑な問題への対応が迫られてきましたが、近年、主に免疫チェックポイント阻害薬よって大きな進歩を果たしました。2016年、メルクのキイトルーダが免疫チェックポイント阻害薬として初のFDA承認を得て、頭頸部扁平上皮がんではイーライリリー/メルクKGaA/ブリストル・マイヤーズ スクイブのアービタックス以来10年以上ぶりの新薬となりました。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)は解剖学的にも生物学的にも多様であるため、薬剤開発において複雑な問題への対応が迫られてきましたが、近年、主に免疫チェックポイント阻害薬よって大きな進歩を果たしました。2016年、メルクのキイトルーダが免疫チェックポイント阻害薬として初のFDA承認を得て、頭頸部扁平上皮がんではイーライリリー/メルクKGaA/ブリストル・マイヤーズ スクイブのアービタックス以来10年以上ぶりの新薬となりました。

小野薬品・ブリストル・マイヤーズ スクイブのPD-1阻害薬オプジーボもまた2016年にFDAの承認を得て、翌2017年には欧州、日本でも治療歴の有する再発または転移性頭頸部扁平上皮がん治療薬として承認されました。

免疫チェックポイント阻害薬は、早期ステージ患者を対象とした治験が実施されているほか、未開拓の巨大収益が見込める局所進行頭頸部扁平上皮がんでも数製品が評価されています。IDO-1阻害薬を含む他の薬剤クラスの可能性も検討されています。IDO-1阻害薬は本レポートの予測期間(2016-2026年)を通じ、市場の成長に貢献しそうです。

調査におけるキーポイント

  • 頭頸部扁平上皮がんの市場規模、診断率・薬物療法は今後の変化は?
  • 現在の頭頸部扁平上皮がんの治療状況、最も重要な薬剤とその理由は?
  • 現在の治療選択肢に関するKOLの見解は?未だ満たされていない臨床ニーズとは?
  • 現在開発段階の薬剤のうち最も有望なのはどれで、売上予測は?早期段階で注目される薬剤は?
  • 免疫チェックポイント阻害薬併用(キイトルーダ+化学療法、オプジーボ+ヤーボイ、Imfinzi+tremelimumab、epacadostat+オプジーボまたはキイトルーダ、あるいはBMS-986205+オプジーボ)のオプションの中でどのステージで承認されることが予想されるか?
  • 新たな療法は現在確立された治療法とどのように競えるか?免疫チェックポイント阻害薬はどの患者群に対して使用される可能性が最も高いのか?市場に与える影響は?
  • 頭頸部扁平上皮がん市場における市場原動力、抑制要因は?予測期間中(2016-2026)市場ではどのような変化が予想されるか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search