skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

急性リンパ性白血病 | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

急性リンパ性白血病  | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国

急性リンパ性白血病の治療薬として、ここ数年新たなモノクローナル抗体の承認、そして再発・難治性小児及び若年成人急性リンパ性白血病患者に対する初のCAR-T細胞療法キムリアなど治療アウトカム改善につながっています。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

急性リンパ性白血病/急性リンパ芽球性白血病(ALL)は白血球の悪性腫瘍です。この数年間でCD19(アムジェンのビーリンサイト)及びCD22(ファイザーのベスポンサ)に対するモノクローナル抗体、そして再発・難治性小児及び若年成人急性リンパ性白血病患者に対する初のCAR-T細胞療法(キメラ抗原受容体)であるノバルティスのキムリアなど数製品が発売され、急性リンパ性白血病患者の治療アウトカム改善につながりました。ただし化学療法が非常に効果的であるため、急性リンパ性白血病の初期治療の基本的地位を維持しそうです。

新規キナーゼ阻害薬、プロテアソーム阻害薬、免疫調節剤を含む開発段階の新たな標的療法は、急性リンパ性白血病患者に新たな治療選択肢をもたらすとして期待が寄せられていますが、現在の治療薬在り来での治療薬としての検討となるでしょう。

調査におけるキーポイント

  • 米・欧州5カ国における急性リンパ性白血病市場の規模、今後10年間で薬物療法の受療率がどう変化するとみられるか?
  • 最大の商業的利益をもたらしうるのはどの患者群か?
  • 調査対象国における現在の急性リンパ性白血病の治療・管理状況は?
  • インタビューに回答した医師のCAR T-細胞療法に対する見解、現在の治療アルゴリズムにどのように組み込まれているのか?
  • 満たされていない医療ニーズとは?
  • 開発段階の薬剤は、こうしたニーズにどう対応できるか?
  • リツキシマブとイマチニブのジェネリック医薬品の欧州5カ国参入は急性リンパ性白血病市場にどのような影響を与えたか?

「ランドスケープ&フォーキャスト」とは

「ランドスケープ&フォーキャスト」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。60以上の疾患での疾患分析を主要7ヶ国で実施、全世界で最も活用されている疾患ごとの市場分析および市場分析情報です。疫学データ、新規の治療薬、アンメットニーズ、治験情報、今後10年間の市場予測を提供します。「ランドスケープ&フォーキャスト」モジュールの詳細、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search