skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

強迫性障害(OCD):治療アルゴリズム:クレームデータ分析

強迫性障害(OCD):治療アルゴリズム:クレームデータ分析

DRGでは、米国における強迫性障害(OCD)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析した。この調査の結果、米国では長期的投与が可能なジェネリックの投与、患者の多様性に対応するためのオフレーベル使用と併用投与が多く、ブランド品の新規で診断された患者への投与は非常に限られていることが分かった。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

DRGでは、米国における強迫性障害(OCD)の治療の実体をリアルワールドデータを活用して分析しました。この調査の結果、米国では長期的投与が可能なジェネリックの投与、患者の多様性に対応するためのオフレーベル使用と併用投与が多く、ブランド品の新規で診断された患者への投与は非常に限られていることが分かりました。
米国での強迫性障害(OCD)の患者は推定270万人と推測されています。その治療薬としてセルトラリン(ファイザー社のゾロフトやジェネリック薬)など様々な処方薬が承認されているほか、適応外使用の治療薬も複数存在しています。OCD医薬品市場におけるジェネリック薬の普及率は非常に高い。

疾患と治療に対する患者の反応が多様であること、患者への長期間のコスト負担の軽減といった疾患の性質上、複数の医薬品の併用、オフレーベルでの利用、ジェネリック医薬品の投与の傾向が今回の調査でも明らかになりました。その為、ブランド品(ルンドベック社/武田薬品工業社のTrintellixなど)は多くの場合はセカンドライン以降において投与されています。
この度の「治療アルゴリズム:クレームデータ分析(米国)では、全米規模の新規診断患者と最近治療を受けた患者において主要な治療法の使用をリアルワールドデータから抽出したデータをもとにしている。

キーポイント

  • 新規診断OCD患者において、主要な治療法やブランド薬が用いられている治療ラインごとの患者数は?新規診断患者と最近治療を受けた患者に対する四半期ごとの処方傾向は?
  • ブランド抗うつ薬(ルンドベック社/武田薬品工業社のTrintellixなど)および非定型抗精神病薬(サノビオン社のLatudaやアラガン社のVraylarなど)の治療アルゴリズムでの位置づけは?
  • 診断から2年以内のOCD患者への投与される医薬品とその割合は?診断から2年以内に後期の治療ラインに進む患者の割合は?
  • OCD患者が受ける単剤療法と併用療法の割合は?最も使用されている併用療法のコンビネーションは?
  • 薬物療法を受けたOCD患者の製品ごとのコンプライアンスと治療継続率は?

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」とは

「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」は、DRGのマーケットアセスメント部門が発行するレポートモジュールです。リアルワールドデータ(RWD)を活用して現在の治療実態市場を解析、新規および最新治療、コンプライアンスに関する最も現実的で詳細なデータです。膨大なクレームデータを、わかりやすいスライドで提供します。「治療アルゴリズム:クレームデータ分析」モジュールの紹介、疾患リストはこちらから>>>


Back To Top
×Close search
Search