skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

【動画】今年承認となるがん治療薬から予測するオンコロジー市場。DRGアナリストが読む2019年とは?(速報)


DRGオンコロジー部門の責任者Dr.アンドリュー・メロン(Dr. Andrew Merron)とオンコロジー専門アナリストであるクラム・ナワズ(Khurram Nawaz)が2019年の世界のオンコロジー領域でなにが起こるのか予測します。

この2月12日に投稿された動画は、現在、DRG Japanで日本語記事としてご紹介するために翻訳作業をいたしておりますので日本語での詳細はすこしお待ちください。

今回の動画では、2019年に新規で承認されるオンコロジー治療薬から2019年を予測します。アンドリューによると2019年にも多くの新規オンコロジー治療薬が承認され、今年も治療の選択肢が新たに増えると見ています。

一方で、新規治療薬と新たなレジュメンもしくはサブポピュレーションの2つの視点で見た場合、がん腫により新規承認治療薬の傾向が異なるようです。

 

 

2019年予測の動画、後半ではクラム・ナワズが2つのがん腫での新たな動きに注目、解説をいたします。ひとつは非小細胞肺がんのファーストライン、そして乳がんでの新たな動きに関してです。

 

 

以上、急ぎのおしらせではございますがDRGのオンコロジー部門からの新たな動画のお知らせをいたします。現在、日本語でのご紹介の作業を進めておりますが、まずはこちらご紹介のオリジナル動画で内容をお楽しみにください。

無料サンプル資料ご提供中

DRGでは、今後10年間の詳細な予測を15の癌腫で分析し、レポートとして発行いたしております。ご希望の方にサンプルページをご提供しております。この機会にどうぞご利用ください。リクエストのお申し込みは下記のバナーからどうぞ。


Back To Top
×Close search
Search