skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

【DRGレポート】新規ワクチン|疫学|主要7カ国


現在、感染症や慢性感染症によって引き起こされる病気を予防するための様々なワクチンを接種することができます。これらのワクチンは接種ガイドラインによって積極的に摂取が推奨されているものから、医師と患者の判断によって投与されるものまで様々です。したがって既存ワクチンよりさらに有効性の高い新規ワクチンの開発には大きな商業的機会があり、その開発競争は厳しいながらも非常に魅力的な分野であると言えます。
本疫学分析レポートは、この新規ワクチンに焦点をあて疫学情報を分析し、2041年までの患者数予測データを提供する

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら


概要

ワクチン接種プログラムの普及により世界の公衆衛生は飛躍的に向上しました。これにより感染症の発生率は劇的に低減しただけでなく、感染症による子どもおよび成人の死亡率も低下し、世界中の人々の生活の質/生命の質(QOL)は大幅に向上しました。

人々は現在、感染症や慢性感染症によって引き起こされる病気を予防するための様々なワクチンを接種することができます。これらのワクチンは接種ガイドラインによって積極的に摂取が推奨されているものから、医師と患者の判断によって投与されるものまで様々です。したがって既存ワクチンよりさらに有効性の高い新規ワクチンの開発には大きな商業的機会があり、その開発競争は厳しいながらも非常に魅力的な分野であると言えます。

調査におけるキーポイント

  • G7各国における主要ワクチン接種の対象集団のサイズ(人数)は?
  • G7各国において、ワクチン調達および摂取プログラムを決定する機関はどこか?またそれは国ごとにどのような違いがあるか?
  • 特定のワクチン市場における人気のブランドワクチンとは?
  • 新規ワクチン開発が最も必要とされている病原体は何か?また専門家がこれらの病原体に対するワクチン接種が必要とみなしているのはどのような患者集団か?
  • 現在のワクチン開発パイプラインはワクチン市場のアンメットニーズにいかに応えることができるか?
  • 主要な既存および新規ワクチンの今後の売上高の予想は?

主な調査結果

  • 主要7カ国におけるB型肝炎ワクチン接種対象者数は今後20年で現在の6億2,100万人から6億5,700万人(+6%)に達する
  • 主要7カ国すべてにおいて、米国同様に男性へのHPVワクチン接種が推奨されるようになると、今後5年でHPVワクチン接種対象者数は倍増する
  • グラクソ・スミスクライン社の帯状疱疹ワクチンShingrixの改良版が今後5年以内にスペイン、ドイツ、日本で承認されると予想、またこれにより帯状疱疹ワクチン接種対象者数は約2倍になる
  • ドイツ、イタリア、スペインでは、2-4歳の子どもに対するインフルエンザワクチン接種は推奨されていないが、今後これらの国々が推奨に転じた場合、欧州市場におけるインフルエンザワクチン接種対象者数は10年で10%近く増加する

目次

Search table of contents
Overview
Mature Markets
Introduction
Epidemiology Data
Methods
HBV Vaccine Eligible Population
HPV Vaccine Eligible Population
Influenza Vaccine Eligible Population
Pneumococcal Vaccine Eligible Population
RSV Vaccine Eligible Population
Shingles Vaccine Eligible Population
Meningococcal ACWY Vaccine Eligible Population
Meningococcal B Vaccine Eligible Population
Reference Materials
Literature Review
Risk/Protective Factors
Bibliography


Back To Top
×Close search
Search