skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

【eBook】RNAベースの開発品状況概観


DRGから発行された無料eBookをご活用ください。がん治療薬として承認されているRNA(リボ核酸)ベースの治療薬はこれまでのところまだありませんが、RNAの特性を理解すれば幅広い適応症に対する作用機序を有していることが分かります。この度発行のeBook「RNAベースの開発状況概観」では、がん治療の未来を担う以下の新治療法に対するビジョンをDRGオンコロジーが纏めております。どうぞご活用ください。

eBookのダウンロードはこちらから

概要

原題:RNA-BASED THERAPIES Key Takeaways and Best Practicesfor Strategic Planning
言語:英語
価格:無料
ページ数:18スライド

がん治療薬として承認されているRNA(リボ核酸)ベースの治療薬はこれまでのところまだありませんが、RNAの特性を理解すれば幅広い適応症に対する作用機序を有していることが分かります。免疫活性化mRNAベースのがんワクチンから遺伝子を選択的に制御し経路を阻害するRNAiアプタマーにいたるまで、高い生存率が期待されるRNAベースの治療薬には大きな注目が集まっています。

しかしながら、その独特な開発技術に係る課題や長期化する臨床開発に伴うリスクが極めて大きな商業的成功の可能性の足かせとなっているのも現状です。この度発行のeBook「RNAベースの開発状況概観」では、がん治療の未来を担う以下の新治療法に対するビジョンをDRGオンコロジーが纏めております。

目次

RNAベースの治療法
現在のキープレーヤー
注目すべき新薬剤
注目すべき臨床試験
疾病管理プログラム
治療アクセス問題
オンコロジー専門医の意
製薬企業の戦略におけるヒント
DRGオンコロジーアナリストの見解

DRG会員向け関連情報

Therapeutic Vaccines and Viral Therapy
Multiple Myeloma
Non-Small-Cell Lung Cancer

その他の開発品、癌腫に関してはDRG Japanまでお問い合わせください。


Back To Top
×Close search
Search