skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

変形性関節症による疼痛市場、2026年まで顕著に成長。画期的なバイオ製剤の上市による

変形性関節症による疼痛市場、2026年まで顕著に成長。画期的なバイオ製剤の上市による

DRG(ディシジョン・リソース・グループ)の最新レポート 「変形性関節症による疼痛:ランドスケープ&フォーキャスト」によると、変形性関節症による疼痛市場は、神経成長因子(NGF)を標的とする新規バイオ製剤の上市が2020年に開始、主要7カ国(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)での市場成長を促進させる主な要因となると推測しています。

広範囲にジェネリック化した現在の市場や、バイオ製剤で予測される高薬価を考慮すると、新規バイオ製剤は外科手術の対象でない、又は外科手術を遅らせたい少数の患者を対象とした後期治療ラインに使用が限定されるにも拘わらず、大規模な患者群と抗NGF薬で予測される高薬価によって、主要医薬品市場の売上全体は2026年に約235億ドルに成長すると予測されます。

変形性関節症による疼痛:ランドスケープ&フォーキャスト」報告書で明らかにされた他の主要ポイント:

■ファイザー/イーライリリー社、リジェネロン/テバ/田辺三菱社の抗NGF薬が2026年に主要医薬品市場で売上の約4分の3を占める。現在市場を牽引する薬剤クラスのオピオイド鎮痛薬とNSAIDは2026年まで患者シェアの大半と堅実な売上を維持する。

■オピオイド鎮痛薬クラスの売上は、オピオイド乱用抑制への取組みを反映して、乱用防止剤型(ADF)ブランド薬によって引き続き促進される。しかし、治療コスト、認識された有効性、及び依然として存在する依存リスクにより将来の成長機会は制限される。乱用リスクが低いとされるグルネンタール/デポメド社のセブラノパドールが2022年に上市されると、この薬剤クラスの売上は加速する。

■NSAIDクラスは、その多様性に加えて、ジェネリック薬が広範囲で使用可能なこともあり、依然として治療に最も多く処方される薬剤である。慢性的な使用に伴う副作用は処方医にとって未解決の懸念であり、非経口剤形で懸念の解消を目指す一方、このクラスの開発は市場の飽和で縮小る。NSAIDのクラスの売上は2022年までは一定で、その後減少する。

■変形性関節症による疼痛の有病率は高齢化と肥満率の増加により2026年まで上昇が続く。

ディシジョン・リソーシズ・グループの アナリストJoyce Spadafora, ALMのコメント:

「抗NGFモノクローナル抗体が、本市場で商業的に最も成功する新規薬剤クラスと予測されます。安全性についての懸念がインタビューを実施した医師の中にありますが、安全性に関する大規模な第III相試験が進行中であり、未解決の懸念が解消される可能性があります。現在までに立証された目覚ましい有効性と予測される高薬価に加えて、本市場の大規模な患者群や、有効性と安全性が確立された鎮痛薬が存在していないことなどから、主要医薬品市場で抗NGF製剤は2026年までにブロックバスター規模の売上になるでしょう。」

「オピオイド鎮痛薬は今後も主要な存在であり続けます。このクラスで安全性と乱用に関する懸念が高まるにも拘わらず、米国における長期作用型オピオイド鎮痛剤ADFの存在とセブラノパドールで予測される安全性プロファイルの改善によって、今後10年間本薬剤クラスの売上減少は免れるでしょう。」

【調査概要】
調査目的:今後10年の変形性関節症による疼痛市場の調査・分析
調査対象:主要7ヵ国(米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、日本)の多数のオピニオン・リーダー
調査方法:インタビュー、サーベイと多数文献によるセカンダリーリサーチ

出典:変形性関節症による疼痛:ランドスケープ&フォーキャスト2017

【ディシジョン・リソーシズ・グループのランドスケープ&フォーキャストシリーズ】

Insights Platformで入手できる弊社の「ランドスケープ&フォーキャストシリーズ」では、各疾患の分析、及び現在市販されている既存医薬品ならびに研究開発段階にある医薬品の商業的見地について、専門家レベルの予測を提供します。詳細かつ正確で信頼性が高くタイムリーな分析を通じた技術、主要患者群、現在及び将来の医薬品の展望を提供します。

>>> ランドスケープ&フォーキャストシリーズとは


Back To Top
×Close search
Search