skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

【DRGレポート】胃癌・食道がん | ランドスケープ&フォーキャスト|主要7カ国


胃食道がんの治療選択肢は限定的で、標的薬2品目のみが胃腺癌とGEJ腺癌の治療に承認されている(食道癌の治療には両剤ともに未承認である)。Roche/Genentech/中外社のハーセプチンがHER2陽性転移患者の一次治療での標準治療で、Eli Lilly社のサイラムザがフルオロピリミジン、及び白金系製剤で治療後に増悪した患者での使用が承認されている。大部分が未開拓であるため、企業にとって利益の上がる事業機会となる。後期パイプラインは増加傾向にある。

目次・サンプル資料のお問い合わせはこちら

概要

胃食道癌の治療選択肢は限定的で、標的薬2品目のみが胃腺癌とGEJ腺癌の治療に承認されている(食道癌の治療には両剤ともに未承認である)。Roche/Genentech/中外社のハーセプチンがHER2陽性転移患者の一次治療での標準治療で、Eli Lilly社のサイラムザがフルオロピリミジン、及び白金系製剤で治療後に増悪した患者での使用が承認されている。
本市場は、大部分が未開拓であるため、企業にとって利益の上がる事業機会となる。後期パイプラインは増加傾向にあり、キイトルーダ(Merck & Co.社)やオプジーボ(Bristol-Myers Squibb/小野社)等複数の薬剤の上市が見込まれる。

調査におけるキーポイント

  • 既存治療は、食道癌、胃癌、GEJ癌でどう違うか?薬物治療において、どの患者群が地域別に最大の事業機会を提示するか?
  • ハーセプチン、サイラムザ、化学療法に関するオピニオンリーダー医師の洞察は? どのような臨床ニーズが未対処か?企業はどのような事業機会から利益を得られるか?
  • どの免疫チェックポイント阻害剤(キイトルーダ、オプジーボ、バベンシオ、ヤーボイ)がどの疾患で承認される見込みか?既存薬とどう競合するか?
  • どのような要因が本市場を促進・抑制するか?市場は今後10年間でどう進展するか?

Back To Top
×Close search
Search