skip to Main Content
Decision Resources Group Japan Branch

症候性子宮筋腫の長期管理に有効な新規治療選択肢をもたらす

症候性子宮筋腫の長期管理に有効な新規治療選択肢をもたらす

DRGでは、米国・欧州の子宮筋腫治療薬市場の調査を実施しましたので結果を発表します。子宮筋腫治療薬市場には、今後10年間に新規選択的プロゲステロン受容体調節剤(SPRM)―Allergan/Gedeon Richter社のulipristal、Bayer社のvilaprisan、Repros社のProellex―、及び性腺刺激ホルモン放出ホルモン(Gn-RH)拮抗薬―AbbVie社のelagolix、Myovant社のrelugolix、ObsEva社のOBE-2109―が上市され、子宮摘出術や筋腫摘出術といった外科手術に代わる、子宮筋腫の長期管理に有効な新規医療選択肢がもたらされ、薬物治療の選択肢拡大に伴い、薬物治療率が徐々に上昇すると予測される。

ディシジョン・リソーシズ・グループは、今後10年間に新規選択的プロゲステロン受容体調節剤(SPRM)―Allergan/Gedeon Richter社のulipristal、Bayer社のvilaprisan、Repros社のProellex―、及び性腺刺激ホルモン放出ホルモン(Gn-RH)拮抗薬―AbbVie社のelagolix、Myovant社のrelugolix、ObsEva社のOBE-2109―が上市され、子宮摘出術や筋腫摘出術といった外科手術に代わる、子宮筋腫の長期管理に有効な新規医療選択肢がもたらされるだろうと明らかにしました。

Niche & Rare Disease Landscape & Forecast報告書における子宮筋腫に関する(US/EU5ヶ国)主要ポイント:

  • DRGの疫学調査によると、主要医薬品市場全域で20~54歳女性に子宮筋腫の有病者数が多いことが認められ、最も多いのはイタリアである。
  • 子宮筋腫患者の大多数が無症候性と診断されており、一般的には婦人科医が筋腫のサイズ増大と個数増加をモニタリングする。専門医によると、MRIは、感度が高いため子宮筋腫の位置、サイズ、構造を特定する診断ツールの至適基準である。
  • 子宮筋腫に伴う大量の経血量を制御するには、低コストのホルモン剤による避妊法、トラネキサム酸、NSAIDが依然として第一選択薬であるが、長期管理により有効性と安全性の高い第二・三選択薬が使用可能になるため、使用件数は徐々に減少する。同様に、長期管理における薬物治療の選択肢拡大に伴い、薬物治療率が徐々に上昇すると予測される。
  • 子宮筋腫専門医は症候性子宮筋腫治療にSPRM(特にulipristal)の上市を熱望するが、子宮内膜増殖症に対する懸念と長期安全性データの必要性を指摘する。
  • 第二世代Gn-RH拮抗薬は、第一世代の画期的医薬品やGn-RH拮抗薬より顕著に改善されると見込まれる一方、DRGの分析では新規SPRMによって新規Gn-RH拮抗薬の使用率は抑制される見通しである。

DRGアナリスト、Jing Wu(M.S., M.B.A)のコメント:

「閉経まで薬物治療を継続したい患者は、治療選択肢として、例えばSPRMや、大量の経血量を効果的に制御し、外科手術の必要性を回避できる第二世代の経口Gn-RH拮抗薬を選択するでしょう。これら新規薬剤の採用が今後10年以内に子宮筋腫治療薬市場を顕著に拡大させる重要な動力になります。」

「新規薬剤クラスで市場初となる薬剤、例えばulipristalやelagolixが子宮筋腫治療でそれぞれのニッチ領域を独占すると見込まれる一方で、画期的新薬の後続品は顕著な差別化がなければ、市場シェアの獲得に苦戦するでしょう。」

【調査概要】

調査目的:新規薬剤の登場が今後10年間で子宮筋腫治療薬市場に与える影響の調査・分析
調査対象:米国、欧州5ヵ国(英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン)の多数のオピニオン・リーダー
調査方法:インタビュー、サーベイと多数文献によるセカンダリーリサーチ【ディシジョン・リソーシズ・グループ 日本支店について】


Back To Top
×Close search
Search